海洋実習(MB204-CS05)

(Field Studies for Marine Bioscience)
基本情報
授業科目区分 単位数 コマ数 開講時期 科目コード 必要授業時間外学習時間
2群・ 必修・ 実習科目 1 23 2年次 ・ 3年次  通年 時間
担当教員 所属講座・研究室 連絡先等
●難波 信由※ 環境生物学講座・沿岸生物学研究室 MB・5F nanba@kitasato-u.ac.jp
 各教員
実務経験のある教員

【難波 信由】

企業研究所でのフィールド調査の実務経験を活かして野外実習を行っている。

資格取得コースとの関係
教職課程
学芸員養成課程
食品衛生管理者・監視員資格
自然再生士補 必修科目
授業の目的 学習・教育目標との対応

本授業科目は、海洋関連施設の見学、磯採集、洋上実習等により、実際のフィールドにおける実習体験を通じて水圏生物とそれらを育む環境への理解を深めるとともに、野外実験の基礎技術を習得することを目標とする。加えて、実習成果報告会を通じて、各所で分散実施される実習体験の共有化を図り、沿岸生物の地域特性、海洋生物資源を利用する産業が抱える問題点や構造的特徴について考える。

A: 多面的思考能力
B: 自然科学の基礎知識・理論
C: 専門分野の知識・技術
D: 問題解決能力
E: 実務能力
F: コミュニケーション能力
G: 技術者倫理
H: 継続的学習能力
授業の概要(内容・方法)

1.1年次海洋実習

1)見学実習(必修)

・内容:海洋関連施設の見学

・日程:日帰り1日

2.2・3年次海洋実習

《A群項目(1コースを選択必修)》

※2年次に実施

1)臨海生物学実習

・内容:磯採集、調査船実習、周辺施設見学

・場所:海洋生命科学部三陸臨海教育研究センター(岩手県)

・日程:2泊3日

2)臨海生物学実習

・内容:磯採集、調査船実習、地引網実習

・場所:横浜国立大学臨海環境センター、相模湾沿岸(神奈川県)

・日程:日帰り2日(磯採集、調査船実習)、日帰り1日(地引網実習)

《B群項目(1コースを選択必修)》

※3年次に実施

1)洋上実習

・内容:海洋観測、プランクトン・稚魚採集、操船体験、釣り実習

・場所:函館湾コース,相模湾コース,伊勢湾コース,瀬戸内海コース,東シナ海コース

・日程:3泊4日~4泊5日

2)河川調査実習

・内容:野外研修、屋内研修、生物・水質環境調査

・場所:神奈川県上大島キャンプ場、神奈川県環境科学センター、相模川水系河川(神奈川県)

・日程:日帰り3日

《実習成果報告会》

・内容:実習結果をまとめたプレゼンテーションの実施

・場所:海洋生命科学部相模原キャンパス(神奈川県)

・日程:1日

教科書・参考書
書名 著者・編者 出版社 値段(円)
教科書 実習テキストを配布して本実習の教科書とする。
参考書 なし
学生の到達目標 学習・教育
目標との対応
1. 与えられた時間、課題およびメンバーの下で計画的に実験を進め、結果をまとめることができる。 目標DEF
2. 生命倫理・安全・環境保全等に配慮して実習を行うことができる。 目標G
3. フィールドで採集した水生生物を正しく取り扱い、また、分類することができる。 目標BCE
4. フィールド調査に関する基礎的な実験を行うことができる。 目標BCE
到達度の評価
評価方法・評価基準・フィードバックの方法

評価方法:実習成果物とレポート(原則として欠席と遅刻は認めない)  [100%]

評価基準: 実習課題の内容を正確に理解し、表現していること。
フィードバックの方法: 実習成果報告会で各コースの講評・解説等を行う。
学習支援情報・その他注意等
  1. 詳細については、各年度初めの海洋実習ガイダンスで説明するので必ず出席すること。
  2. 実習前にコース別ガイダンスを実施する。必ず出席し、自分が参加するコースの実習の目的や課題について事前に理解しておくこと。
  3. 各コースには定員があるため、必ずしも希望コースに参加できるとは限らない。選抜方法についてはガイダンスで説明する。
  4. 2・3年次海洋実習の授業計画については変更になる場合がある。
  5. 健康状態によっては選択できない実習項目がある。
  6. 実習項目ごとに実習テキストを配布する。
授業計画
実施項目 各回の学習内容と学習課題
1

1年次海洋実習ガイダンス

・海洋実習全体の目標、内容、進め方、評価方法を理解する。
・1年次海洋実習の目標、内容、進め方、評価方法を理解する。

【予習】

本実習のシラバスを読み、理解しておくこと。

【復習】

本実習のシラバスとガイダンス内容を復習・整理すること。

2-6

1年次海洋実習
1)見学実習

海洋研究機関について学習する。

【予習】

整理したガイダンス内容を復習し、見学実習に臨むこと。

【復習】

見学実習内容を復習し、まとめること。

7

2・3年次海洋実習ガイダンス

2・3年次海洋実習の目標、内容、進め方、評価方法を理解する。

【予習】

本実習のシラバスを読み、理解しておくこと。

【復習】

本実習のシラバスとガイダンス内容を復習・整理すること。

8-22

2・3年次海洋実習
《A群項目》
・臨海生物学実習
《B群項目》
・洋上実習
・河川調査実習 

・沿岸の調査方法を学習し、沿岸の環境と生物について理解を深める。
・海洋の調査方法を学習し、海洋の環境と生物について理解を深める。
・河川の調査方法を学習し、河川の環境と生物について理解を深める。

【予習】

実習前ガイダンスの内容を復習・整理して、実習に臨むこと。

【復習】

実習テキストと実習内容を復習し、まとめること。

23

実習成果報告会

実習成果を正確に理解し、実習体験の共有化を図る。

【予習】

実習内容について復習し、実習成果を整理しておくこと。

【復習】

実習成果報告会について復習し、まとめること。