博物館資料論(MB601-MS04)

(Studies of Museum Collections)
基本情報
授業科目区分 単位数 コマ数 開講時期 科目コード 必要授業時間外学習時間
学芸員養成課程・ 博物館に関する科目・ 講義科目 2 15 2年次  前期 60時間
担当教員 所属講座・研究室 連絡先等
●植田 育男
実務経験のある教員
資格取得コースとの関係
教職課程
学芸員養成課程 博物館法および博物館法施行規則に定める授業科目
食品衛生管理者・監視員資格
自然再生士補
授業の目的 学習・教育目標との対応

博物館の根幹をなす「博物館資料」について、博物館専門職員である学芸員として、資料に臨む基本的な知識が必要となる。この授業では、学芸員として博物館活動に従事するうえで必要となる博物館資料の基礎知識を習得し、取り扱う際の要点を把握する。

A: 多面的思考能力
B: 自然科学の基礎知識・理論
C: 専門分野の知識・技術
D: 問題解決能力
E: 実務能力
F: コミュニケーション能力
G: 技術者倫理
H: 継続的学習能力
授業の概要(内容・方法)

本講では、博物館における資料の意味やその重要性、博物館専門職員である学芸員が行う資料化(調査研究)、資料収集と保存、資料展示、資料を活用した教育普及に関する博物館活動の全般を概観する。授業期間中に課せられるレポート課題の調査や作成を通じて博物館専門職員として自らがその職に就く意欲があるかどうかを知るきっかけとなり、自己の職業適性を客観的に観る機会としても重要な授業となる。

対面で行う授業時間については、パワーポイントファイル、動画、配布資料を利用した講義形式が中心となる。授業期間中に課されるレポート課題を作成するために、野外調査によるフィールドワーク、および展示解説原稿と解説板を作成する実技演習を行う。

教科書・参考書
書名 著者・編者 出版社 値段(円)
教科書 各時間の授業内容の資料を配布する
参考書 新時代の博物館学 全国大学博物館学講座協議会西日本部会 編 芙蓉書房出版 1,900+税
参考書 新博物館園論 小林秀司・星野卓二・徳澤啓一 編 同成社 3,000+税
参考書 見る目が変わる博物館の楽しみ方 矢野興一 編著 ベレ出版 2,800+税
参考書 新装改訂 フィールド版 写真でわかる磯の生き物図鑑 今原幸光 編著 トンボ出版 2,000+税
参考書 新版 水族館学 鈴木克美・西 源二郎 著 東海大学出版会 6,300+税
参考書 水族館の文化史 溝井裕一 著 勉誠出版 2,800+税
参考書 日本の植物園 岩槻邦男 著 東京大学出版会 3,800+税
参考書 魚類分類学のすすめ 今村 央 著 海文堂 1,800+税
参考書 美術館って、おもしろい! 阿部賢一・須藤輝彦 訳 河出書房新社 3,200+税
学生の到達目標 学習・教育
目標との対応
1. 博物館の資料とは?その基礎的知識を習得する。 目標B C G
2. 資料の種類・特性から見た博物館の館種と活動の特徴を理解する。 目標C
3. 自然系博物館の資料と展示について、レポート課題を通して資料化の過程を体験する。 目標C E
到達度の評価
評価方法・評価基準・フィードバックの方法

定期試験  [50%]

レポート:授業途中回にレポート課題(3題)課す  [50%]

評価基準: 定期試験については、講義内容が正しく・的確に把握され、それを文章として簡潔にまとめられているかの観点で評価する。
レポートについては、積極的かつ独創的に博物館資料化を行う作業に取り組んだかどうかで評価する。
フィードバックの方法: 授業期間中に課したレポート課題については、授業内で全員で(匿名方式で)共有し、他者の調査内容、解説板作成方法等の成果を比較検証することにより、自己の更なるスキルアップへの視座とする。
学習支援情報・その他注意等
  1. 筆頭の参考書は学芸員資格課程全般の授業内容を網羅しているため、全編を通読することが望ましい。
授業計画
実施項目 各回の学習内容と学習課題
1

授業ガイダンス

授業スケジュールの説明
本授業の狙いと到達目標の説明

【予習】

筆頭参考書「新時代の博物館学」の第3章を通読しておくことが望ましい

【復習】

講義内容の復習と整理

2

博物館資料の概論①

「博物館資料」とは
「もの」「こと」を資料化する一連の流れ

資料の法的根拠について

【予習】

筆頭参考書「新時代の博物館学」の第3章及び(資料)博物館関連法規の個所を通読しておくことが望ましい

【復習】

講義内容の復習と整理

3

博物館資料の概論②

資料から見た博物館の分類と特徴

人文系博物館(歴史博物館・美術館)の資料の特徴

自然系博物館(自然史系博物館・理工系博物館)の資料の特徴

レポート課題(第1回目・第2回目・第3回目)について説明する

【予習】

筆頭参考書「新時代の博物館学」の第3章を通読しておくことが望ましい

【復習】

レポート課題(1回目)、(2回目・3回目)を作成し提出期限までに提出すること。1~3時間目の各授業で配布された資料により、当日の授業内容を振り返っておくこと。

4

人文系博物館(歴史博物館・美術館)の資料の特徴①

歴史博物館・・・考古・歴史・民俗資料の概要を知る

【予習】

歴史博物館について、参考書「新博物館園論」の第Ⅱ部「人文科学と博物館」、あるいは関連HP等で予備知識を得ておくこと

【復習】

講義内容の復習と整理

5

人文系博物館(歴史博物館・美術館)の資料の特徴②

美術館・芸術館・・・美術・学芸系資料の概要を知る

【予習】

美術館・学芸系博物館について参考書「美術館って、おもしろい!」、あるいは関連HP等で予備知識を得ておくこと

【復習】

講義内容の復習と整理

6

自然系博物館の資料の特徴①

資料の分類方法とその実際、調査研究について実例を知る

【予習】

自然系資料分類について、参考書「魚類分類学のすすめ」、「写真でわかる磯の生き物図鑑」、あるいは関連HP等で予備知識を得ておくこと

【復習】

レポート課題第2回目・第3回目の作成に引き続き取り組む。提出期限を厳守すること。4~6時間目の各授業で配布された資料により、当日の授業内容を振り返っておくこと。

7

自然系博物館の資料の特徴②

自然系博物館の資料の取り扱いと活用の概要を知る

【予習】

自然系博物館の資料について、参考書「見る目が変わる博物館の楽しみ方」、あるいは関連HP等で予備知識を得ておくこと

【復習】

講義内容の復習と整理

8

生きた生物を扱う博物館の資料①

生きた生物を扱う博物館の資料①・・・資料の種別による園館の特徴

動物園・植物園・水族館・昆虫園(昆虫館)・特定生物に特化した園館の資料の特徴を知る

【予習】

自然系博物館の生きた資料について、参考書「日本の植物園」、「新版水族館学」、あるいは関連HP等で予備知識を得ておくこと

【復習】

講義内容の復習と整理

9

生きた生物を扱う博物館の資料②

水族館資料論①

「水族館」とは

水族館における資料化の過程(調査研究と展示計画)

【予習】

水族館資料について、参考図書「新版水族館学」、あるいは関連HP等で予備知識を得ておくこと。7~9時間目の各授業で配布された資料により、当日の授業内容を振り返っておくこと。

【復習】

講義内容の復習と整理

10

生きた生物を扱う博物館の資料③

水族館資料論②

水族館における資料の活用(収集・収容~飼育・展示①)を知る

【予習】

水族館資料について、参考図書「新版水族館学」、あるいは関連HP等で予備知識を得ておくこと

【復習】

講義内容の復習と整理

11

生きた生物を扱う博物館の資料④

水族館資料論③

水族館における資料の活用(収集・収容~飼育・展示②)について引き続き説明を受ける

【予習】

水族館資料について、参考図書「新版水族館学」、あるいは関連HP等で予備知識を得ておくこと

【復習】

講義内容の復習と整理

12

資料から見た博物館の倫理基準

生きた生物を資料とする博物館が配慮し、活動の基本姿勢として意識すべき「動物福祉」について

【予習】

生きた資料の倫理基準について、参考図書「水族館の文化史」、あるいは関連HP等で予備知識を得ておくこと

【復習】

10~12時間目の各授業で配布された資料により、当日の授業内容を振り返っておくこと。

13

資料の複合化

自然系と人文系にわたる資料化と展示・教育普及

【予習】

特になし

【復習】

講義内容の復習と整理

14

地域博物館と資料

地域博物館の人と資料を結ぶ視点
博物館資料から見た館の理念の重要性と博物館活動

【予習】

特になし

【復習】

定期試験に向けて、全14コマの授業内容を配布資料の確認、参考文献の再読等により復習しておくこと。

15

到達度確認

前回までの授業内容より筆記試験を行い、到達度を確認する。

【予習】

前回までの授業内容を復習しておくこと

【復習】

試験内容の復習